建築物とは何?建築基準法による建物との違い

建築物と言えば、そこら中に立っていると一般的には思いますよね。

パッと見て、違いなんて気になりません。

ですが、建築物にはきちんとした定義があり厳密に言うと「建築物」と「建物」も違うのです。

ここでは、建築物とは一体どんなものなのかについて紹介していきたいと思います。

建築物とは

建築基準法の法第2条第1号に記載されている「建築物」の定義は、建築物 土地に定着する工作物のうち,屋根及び柱若しくは壁を有するものです。
附属するや塀,観覧のための工作物又は地下や高架の工作物内に設ける事務所,店舗,興行場,倉庫その他これらに類する施設の事を言います。

鉄道及び軌道の線路敷地内の運転保安に関する施設並びに跨線橋,プラットホームの上家,貯蔵槽その他これらに類する施設は除かれます。

建築物の例

・フェンス
・物置
・カーポート
・バスの停留所
などが建築物に含まれます。

建築物と建物って違うの?

建築物は上記で説明しましたが、「建物」とどういった違いがあるのでしょうか。

建物は、不動産登記に定義され『建物は、屋根及び周壁又はこれらに類するものを有し、土地に定着した建造物であって、その目的とする用途に供し得る状態にあるものでなければならない。』とされています。

この定義を見ると屋根のないスタジアムや門扉などは建築物ではありますが、建物ではありません。

土地に定着していて、屋根や壁があり、一定の使い道が決まっているものを建物と呼ぶことになります。

建築物を定義している建築基準法とはどんな法律なのでしょうか。

 

建築物と建物の違いを更に知りたい方はコチラ☟

建築物と建物の違いを深堀!確認申請を行わなければならない建築物とは建築物を建てる際に必要となる建築確認ですが、その範囲が決まっているのをご存知ですか? 建築物と建物の違いによっては、建築確認をしな...

建築基準法に当てはまるとどうなるの?

建築基準法は、建築物の敷地や設備、構造、用途などについて最低限の基準を定めた法律です。

日本に暮らす全ての人が快適に暮らすことが出来るように定められた建築のルールになります。

建築基準法では、土地の面積や場所によって建てることのできる上限が決められていたり接道義務などが生じたりします。

建築物を建てる前には必ず、その制約がどんなものなのか確認する必要があります。

建築物の種類はコチラ☟

建築物は用途によって種類が分かれている?どんな基準で決められるのかを紹介世の中には、沢山の建物が溢れています。 その建築物にも様々な種類があるのをご存知ですか? ここでは、様々に分かれた建築物の種...

地域別の建築業者のご紹介

三重県

工事を三重でお探しであれば、「有限会社橋本組」がオススメです。

大型機械や精密機械の据え付け工事をはじめ、移設や撤去・解体、工場内の配管工事や特殊工事となるプラント工事等、様々な工事を請け負っています。

優れた技術力と高い施工能力を兼ね備えた経験豊かなスタッフが在籍しているので、安心してお任せすることができます。

「安全第一」でそれぞれのニーズにしっかりと対応してくれるので、ぜひ利用されてみてください。

・会社名
有限会社橋本組
・住所
三重県三重郡朝日町埋縄1490
・電話番号
059-377-2313
・営業時間
8:00~17:00
・定休日
日曜日
・最寄駅
三重・名古屋

まとめ

建築物と建物はそれぞれ定義が違います。
建築物は、建物の周りの塀なども含まれるので建物よりも広い意味合いで使われることがあります。
今まで見ていた、周りの建築物もそうやって違いを見ながら観察してみると面白いかもしれません。
建築基準法は、そんな建築物を建てる際にも重要な法律です。
安全な建築物を建てるためにも、しっかりと建築物について理解しておくと良いでしょう。

有名な建築物が気になる方はコチラ☟

建築物の世界!有名な建築物を紹介します建築物と言えばどんなものを思い浮かべますか? 誰もが知っているランドマーク的なものから、歴史が古いものまでいろいろなものがあります...